スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィギュアレビュー[ROBOT魂]新機動戦記ガンダムW リーオー(モスグリーン)

◆レビュー:ROBOT魂 新機動戦記ガンダムW リーオー(モスグリーン)

◆画像クリックでも続きが読めます

・メーカー:バンダイ
・シリーズ:ROBOT魂
・参考価格:3,150円


久々のロボットフィギュアレビューですかね!
今回のフィギュアはROBOT魂から「ガンダムW:リーオー(モスグリーン)」。
モスグリーンのリーオーは統一連合軍・OZトレーズ派の陸戦型のカラーです。
※紫は統一連合軍・ホワイトファングの宇宙型、水色はOZ・世界国家軍の陸&宇宙型。
 紫の宇宙型は現在、魂ウェブ商店で予約受付中ですので買い忘れにはご注意を!

言い方雑ですが、リーオーはファーストガンダムで言うザクⅡ?
みんな大好きな量産機です!!つべこべ言わずにレビューいきましょう!

ガンダムW=TWO-MIXいう事でコレ!「TWO-MIX:RHYTHM EMOTION」!!



ピピピピピピピピピピピピピ!!





I JUST FEEL RHYTHM EMOTION♪

(ピピピピピピピピピピピピピ!!)


この胸の鼓動は♪あなたへと続いてる SO FARAWAY~♪



っという事で今回のレビューはROBOT魂でリリースされた、
「ガンダムW:リーオー(モスグリーン)」のレビューです。

自分は小学校の高学年に放送されていたのが、
このガンダムWだったので、どストライクなガンダムです。
当時は量産機の良さが分かっていませんでしたが、
このリーオーは「量産ゆえのシンプルなデザイン」「生産コストの低さ」等が、
一目で分かる素晴らしい機体だと今は分かります。
ガンダムWの後半ではモビルドールが量産機になってしまいますが、
自分はモビルドールには惹かれません。やはり有人機というアナログさが良いのでしょうか?


ではまずリーオーについて(基本はwikiから)。
A.C.史上初の戦闘用MS「トールギス」を原型に開発された初期の量産型MS。
MS単体としての性能を追求するあまり実用性、コストに難のあったトールギスの反省から、
不要な機能を排し機体の小型化・簡素化を図った無難な汎用機として再設計された。
よって性能的には突出したものはないが、
近距離戦から遠距離戦、地上戦から宇宙戦に対応した豊富なオプションが用意され、
装備を換装することであらゆる戦場に対応できるように設計されている。

上記にある「装備を換装する事であらゆる戦場に~」について、
今回ROBOT魂では別売りの「オプションパーツ」で再現されています。
「オプションパーツ」についても次回の記事でレビューしますので、
本レビューと合わせて見て頂ければと思います。


-------------------------------------------

外箱&セット内容

パッケージはいつも通りのパッケージ。
内容がシンプルなので厚みがありません。
120820ロボット魂リーオー ①パッケージ1.JPG
120820ロボット魂リーオー ①パッケージ2.JPG
120820ロボット魂リーオー ①パッケージ3.JPG


内容は非常にシンプル。
別売りの「オプションセット」が出る前提で本体を販売しているのでしょうか?
価格は高いとは言いませんが、少し物足りない感じがします。
・交換用左手首2種(銃握り手、銃支え手)
・交換用右手首(銃握り手)
・105mmマシンガン
・マウントラッチ(背面への武器固定パーツ)
・ディスプレイ用ジョイントパーツ
120820ロボット魂リーオー ②内容1.JPG

このシンプルで1撃でやられそうな感じが堪りませんよねー!
120820ロボット魂リーオー ②内容2.JPG
120820ロボット魂リーオー ②内容3.JPG
120820ロボット魂リーオー ②内容4.JPG

装甲部分はつや消しのグリーン、関節部分はメタリックブラウンで塗装。
質感のおかげでシンプルですが、安っぽく無い仕上がりになっています。
120820ロボット魂リーオー ②内容5.JPG
120820ロボット魂リーオー ②内容6.JPG
120820ロボット魂リーオー ②内容7.JPG
120820ロボット魂リーオー ②内容8.JPG
ゲート処理の跡などが結構気になります。

素人未満の粗い処理。プラキットでゲート必死にゲート処理しているのが馬鹿らしくなります。
2体買ってますが、2体とも同じ様な状態でした。
120820ロボット魂リーオー ②内容9.JPG


可動

可動域はそれほど広くはありません。
そんなに動く機体では無いので設定に忠実なのですが。
120820ロボット魂リーオー ③可動1.JPG
120820ロボット魂リーオー ③可動2.JPG

とは言いましたが、腕周りは良く動く様な関節構造になっています。
腕こそ上がりませんが、こういった機体のなかでは良く動く方なのかも知れません。
120820ロボット魂リーオー ③可動6.JPG

腰回りについてはロボットの中では可動する方だと思います。
120820ロボット魂リーオー ③可動3.JPG
120820ロボット魂リーオー ③可動5.JPG

こういった腕組み等を絶対しないキャラや機体に限って、二の腕が良く曲がります。
120820ロボット魂リーオー ③可動4.JPG


オプションパーツ

唯一のオプションパーツと言えるマシンガン。
専用の持ち手でしっかり構える事が出来ます。もの凄くいい感じ。
120820ロボット魂リーオー ④オプション1.JPG
120820ロボット魂リーオー ④オプション2.JPG
厚ぼったい印象もありますが、メタリック塗装が良い感じです。

付属のマウントラッチを使えば、マシンガンを背中に固定。
120820ロボット魂リーオー ④オプション3.JPG
120820ロボット魂リーオー ④オプション4.JPG

付属のジョイントパーツで魂STAGEへの接続が可能に。
120820ロボット魂リーオー ④オプション5.JPG
120820ロボット魂リーオー ④オプション6.JPG


ポージング

最後はポージング。
メイン機体では無いので劇中イメージになります。

120820ロボット魂リーオー ⑤ポージング1.JPG

120820ロボット魂リーオー ⑤ポージング2.JPG

120820ロボット魂リーオー ⑤ポージング3.JPG

ダッサイ飛び方になっちゃいましたが、それもリーオー。
120820ロボット魂リーオー ⑤ポージング4.JPG


量産機は複数いてこそ!
ですが予算的に2体が限界です。。

目標地点へ向かうの図。
120820ロボット魂リーオー ⑤ポージング5.JPG

敵警戒の図。
120820ロボット魂リーオー ⑤ポージング6.JPG


-------------------------------------------

◆まとめ

ザ・量産機「リーオー」レビューいかがでしょうか?
シンプルなデザインではありますが、
つや消し、メタリック等の塗装によって簡素な印象は感じられません。
特にROBOT魂というシリーズの中で言えば、
下手に色使いの多い機体よりもグレード感のある仕上がりになっていると思います。

ただ残念のは別売りでオプションパーツがあるからなのか、
この本体自体のオプションはマシンガン1つと非常に少なくなっている事。
これはユーザーによってはかなり嫌がる部分の様に感じます。
Amazonレビューでも怒っている方いますし・・・。

内容をシンプルにするのであれば、
量産機という事でもっと複数体買いやすい様な価格設定にして頂きたいですねぇ。


なんて書きましたが、オプションパーツセット含めて、
量産機好きには堪らないフィギュアになっていると思います。
今回自分は2体のみ購入しましたが、最低4体は欲しいなぁ。

「ガン・ルゥ」の時もそうでしたが、
予算を気にして2体という微妙な数を買って、後で物足りなくなるんですよね。
と、い・う・こ・と・で!!次回の量産機は必ず4体は買います!
と、ここでしっかり宣言しておきます!!


そんな感じで量産機を愛する管理人の「ROBOT魂:リーオー(モスグリーン)」レビューでした!
次回は別売りの「オプションセット」レビューになりますのでそちらも宜しくお願いします。


量産機がお好きであれば!

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ



関連記事
スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
http://barise.blog.fc2.com/tb.php/112-97386635
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。